減らすブログ

ミニマリスト公務員がモノを減らすブログ

ブログをWordPressに移転しました。

減らすブログを読んでいただいてありがとうございます。

この度、減らすブログをWordPressに移転し、それに伴いブログ名も変更しました。

移転先のブログはこちらです。

yakunin-hack.com

どうぞよろしくお願いします。

「減らすブログ」に書いた記事は、移転先のブログでリライトしていきたいと思います。

その大判バスタオル、本当に必要ですか?

まだ大判のバスタオルを使ってる人も多いと思います。

でも、本当に必要ですか?

僕と嫁でフェイスタオルだけを5枚ずつ持っていますが、それで足りています。

大判バスタオルの代わりにフェイスタオルを使うメリットは多いです。

  1. 収納スペースが必要なくなる。
  2. 洗濯物の量が減る。
  3. 洗剤の使用量が減る
  4. 乾燥が早い。
  5. 干す場所が必要なくなる。

フェイスタオルの大きさに慣れると、実家などでたまにバスタオルを使うと持て余してしまいます。

大判のバスタオルを使っている方は一度試してみてください。

 

 

 

 

 

まだ炊飯器で炊飯してるの?

僕は無水鍋でお米を炊いています。

無水鍋 24cm

無水鍋 24cm

 

炊飯器はミニマルじゃない 

以前は炊飯器を使っていましたが、炊飯器はかさばる上に、電源・コードが必要で、その上汚れても洗いづらい。何よりも見た目があまり好きではありませんでした。

それに比べて、無水鍋は、収納しやすく、接合部がないので洗いやすいです。もちろん、電源コードは不要です。

何より、無水鍋で炊いたお米はとても美味しいです。

無水鍋はとても簡単

基本となる炊き方はこちらから。

急いでいるときには、水に浸す工程と蒸らす工程は省略してしまっても大丈夫です。

さらに僕は無洗米を使っているので、研ぐ必要もありません。

  1. 無水鍋に米と水を入れる。
  2. 強火で沸騰させる(蒸気が噴き出すのが合図です。15分くらいでしょうか。)。
  3. 弱火で10分。

以上で美味しいお米が炊き上がります。

鍋でお米を炊くというと、炊飯器より面倒だと思われる方も多いと思いますが、とても簡単ですよ。

もちろん炊飯以外にも

お米を炊く以外に、普段の鍋としても使えます。カレーやシチューもとても美味しくできます。

そしてアルミニウムの美しさ、堅牢性

アルミニウムの塊なので、Apple製品のような美しさがあります。

壊れようがないので、僕は一生使うつもりです。

無水鍋 24cm

無水鍋 24cm

 

 僕は20㎝を使っています。4合まで炊けます。

 

無水鍋 20cm 【炊いたご飯は、かまど炊きの味】

無水鍋 20cm 【炊いたご飯は、かまど炊きの味】

 

 

【精米】会津産 無洗米 コシヒカリ 平成28年産 5kg

【精米】会津産 無洗米 コシヒカリ 平成28年産 5kg

 

 

 

 

 

「減らす」で選んだモバイルバッテリー

僕が使っているモバイルバッテリーについて書きます。

バイルバッテリーなんて持たなくて済むのが一番いいんですが、結構厳しいですよね。僕もそんなにハードに使っているわけではありませんが、平均的な1日でバッテリー残量は20%くらいになってしまいます。

Aukey モバイルバッテリー 3600mAh

そこで買ったのがこちら。

f:id:Less_is:20170211185840j:plain

容量は3600mAhで、目安としてiPhone6を1回以上、iPhone5Sを1.5回以上充電できるようです。僕のiPhone6sで体感的には1.5回は充電できます。

充電中と放電中は出入力ポートの側にある小さなLEDランプが赤か白で点灯してバッテリー残量を教えてくれます。お世辞にも分かりやすいとは言えませんが、ミニマルで好きです。写真は白く点灯中な満タン状態。

手触りはサラサラ(ザラザラ?マットなあれです。)としていて、高級感があります。

f:id:Less_is:20170211191534j:plain

lightningケーブルだけで充電も給電もできます。そう、iPhoneでもね。

このモバイルバッテリーを選んだ最大かつほぼ唯一の理由です。

通常のモバイルバッテリーの入力ポートはmicroUSBですよね。僕が以前使っていたeneloopのモバイルバッテリーもそうでした。

それでiPhoneを充電しようとするとどうなるか。そう、microUSBケーブルに加えてlightningケーブルも必要になるんですね。

この点、このモバイルバッテリーにはlightningケーブルの充電ポートがあるんです。

(見やすくなるよう「IN」を反射させて撮っているので白くなっていますが、実物は浅い刻印で書かれています。)

f:id:Less_is:20170211193230j:plain

 

そのおかげで、モバイルバッテリーへの充電とiPhoneへの給電を1本のケーブルで済ませることができます。

まとめ

このモバイルバッテリーのおかげでmicroUSBケーブルが必要なくなり、lightningケーブル1本が複数の役割を果たせるようになりました。

モノを買うときは本体だけでなく、それを使うために何が必要かという点も併せて考えたいですね。

 

(↓は同じくlightning入力ポートを持つ製品ですが、今回紹介させていただいた商品はAmazonでは在庫切れのようです。下記はいずれも容量が大きめですが、僕よりもハードに使われている方にはむしろ適しているかもしれませんね。短めのケーブルもお忘れなく。) 

 

 

 

 

肌が弱い僕がたどり着いたシンプルなスキンケア

今日は僕のスキンケアについて書きます。

僕は肌が弱いです。洗顔料や化粧水、物理的な刺激でもすぐに赤みが出ます。

だから洗顔料は使っていません。朝晩はお湯又はぬるま湯のまで洗顔しています。

スキンケアはワセリンのみ

洗顔のあとにワセリンを手に薄く伸ばして、顔に押し当てるようにして塗っています。

朝は少なめに、夜は気持ち多めに塗っています。肌がベタついていると、日中の外気の汚れや埃で肌が刺激を受けやすくなるとの考えからです。

スキンケアはこれだけです。使っているワセリンはこちら。

ヴァセリンと比較すると、少し高いですが、体温で溶けやすく、ベタつきが少ないので気に入っています。

買うものを減らせるということ

以前はオールインワンジェルや、化粧水とワセリンの併用なども試していましたが、肌に合うものが見つかりませんでした。

ワセリンだけのスキンケアは、それにかかる時間も非常に短いですし、様々なスキンケア用品を買うお金も必要なくなります。

必要のないものを買うことは、お金だけでなく、どの商品を買うか比較・検討する時間、実際に買いに行く時間などを失うことでもあります。

スキンケアに限らず、自分に必要十分なものを選んでいきたいです。

サンホワイト P1

サンホワイト P1

 

 


 

 

「減らす」は財布から

今日は僕が使っている財布について書きます。

どんな財布を使うかは、生活に深く関わります。

僕はミニマルな生活をしたいので、必要なものだけが入る小さな財布を使っています。 

 iPhone6sと比較しました。この大きさが牛革の手触りと相まって僕の手には落ち着きがよく、とても気に入っています。 

また、中身が入った状態でこの薄さです。

スーツの上着の内ポケットにiPhoneとともに違和感なく収めることができます。普段着ではデニムのお尻のポケットにすっぽりと収まります。

カード、小銭、紙幣のための3つのスペース

それでは中身について書いていきます。

中は3つのスペースに分かれています。僕は3つのスペースを下写真の手前から、カードスペース、小銭スペース、そして紙幣スペースとして使っています。

 カードスペース

いつも入れているカードは、キャッシュカード(デビット機能付き)、クレジットカード(2枚)、運転免許証の計4枚です。

ポイントカードは持たない、作らないようにしています。

カードの枚数が多くなって取り出しづらくなりますし、ドラッグストアのポイント5倍デーなどでついつい余計なモノを買ってしまったり、買わないとしても何か損をした気分になってしまうものです。

しかし、「ポイントカードは作らない」と決めてしまえばそのようなストレスから解放されます。

必要なものであればポイントが付かなくても買います。

保険証や病院の診察券も入れていません。外出中に急遽病院に行くということが僕にはありません。病院に行くときにだけ、自宅に保管している別のカードフォルダから財布に移しています。

(運転免許を持っていない方は、保険証が身分証明証として必要になるのかもしれませんね。)

 クレジットカードが2枚入っているのは、僕の個人口座から引き落とされるカードと、妻との共有口座から引き落とされるカードです。上記のポイントカードと同じ理由で、これ以上のクレジットカードは持ちません。

小銭スペース

必要十分な枚数の小銭が入ります。

買い物はできるだけデビットカードかクレジットカードで支払うため、そもそも小銭を使う機会がほとんどありません。

それでも小銭が増えてきたときは、妻が取り組んでいる365日貯金に寄付をするようにしています。

小銭スペースには家の鍵も入れています。しかし、周りが暗かったり、鍵が小銭に埋もれていたりすると取り出しづらいことがあり、改善の余地があると思っています。

これらのほかに、毎年の初詣で引くおみくじに付いてくる小さな招き猫が1匹いらっしゃいます。

紙幣スペース

二つ折りにした紙幣がぴったり収まります。千円札、一万円札など種類ごとにまとめて二つ折りにして、それら紙幣の背中を手前にして並べておけば、必要な種類の紙幣がすぐに取り出せます。

紙幣のすぐ手前には受け取ったレシートを入れ、定期的に家計簿に転記します。(妻がやってくれています。)転記したレシートはもちろん処分します。

紙幣の奥には常にSuicaをセットしています。Suicaをカードスペースに入れると、他のカードが取り出しづらくなりますし、財布ごと自動改札機にタッチした際に他のカードと干渉してうまく反応しないことがあります。しかしこの場所に入れておけば、紙幣やカードの取出しの邪魔になりませんし、カード間の干渉なく自動改札を通過できます。

「小さい」はメリット。大は小を兼ねません。

小さな財布なので、使わないカードを入れっぱなしにするなど中身が増えてくるとすぐに膨らんでしまいます。そのような状態になるのは、生活が乱れてきている証だと考え、すぐに整理して元の状態にリセットします。

小さいことはメリットです。大きな財布だと、どうしても必要以上のものを入れてしまいやすいですし、中身を減らそうという気持ちが起こりにくいです。

ミニマルで使いやすいこの財布を、これからも大事に使っていきます。

 

 

 

僕が『減らすブログ』を始めた理由

ブログを始めました。

こんなことができればいいですね。

 「ただ、減らす」だけじゃないミニマリズムを少しづつ実践していきます。

 それでは、今日から『減らすブログ』をよろしくお願いします。